ゲームがやりたい

ゲームがやりたいと思えるような記事を書きます。

ドラゴンクエスト あるくんです2(リターンズ)が7年経っても攻略されていないという事実

f:id:yaritai_games:20180829224812p:plain
たまごっちが社会現象になっていた頃、スクウェアからもたまごっち風ゲーム機が発売されました。

それがスライムを育てるゲーム「あるくんです」シリーズ。

たまごっちと異なる点は、万歩計機能が付いていて、自分が頑張って歩かないとスライムが成長しないことでした。


僕も初代「あるくんです」を持っていて、インドアゲーマーなのによく歩いたものです。懐かしい。


ゲームとしての評価は高く、「あるくんです」シリーズの2作目「あるくんです2」は2011年に「あるくんです リターンズ」として再販されています。


それにも関わらず、「あるくんです2(リターンズ)」の隠しキャラ「竜王(ドラゴン型)」はその出現方法が判明していません。


ドラゴンクエストという超メジャータイトル、再販までされているゲーム機であるにも関わらず一体何故なのでしょうか。


僕なりの考察をまとめてみました。

出現条件を満たすことが難しいのではないか

「竜王(ドラゴン型)」は、「竜王(人型)」から変身すると一般的に考えられています。

初期のスライムから、「竜王(人型)」になるためには、あるくんです本体の総歩数が50万歩を超えると変身できるとのこと。


ドラゴンクエスト大辞典Wiki*1には、「あるくんです2」にはパラメータカンストによる変身条件が多いことから総歩数がカンストする999,999歩≒100万歩に到達すれば変身するのでは、という憶測が立てられています。


100万歩は距離にすると約800キロ。Google Mapによると羽田空港から広島空港までが764kmなので、とてつもなく長い距離ということがわかります。一つのゲームのキャラクターを見るだけでこれだけ歩かされるのは確かに辛い…


もし100万歩到達が条件なのであれば、いまだに出現条件が判明していないのも理解できる部分がありますね。

いくら出現条件が難しくても、誰も攻略しないのか?

100万歩という条件は確かに非常に厳しいものだということがわかりました。
でも待ってください、あの国民的RPG「ドラゴンクエスト」の関連ゲームです。しかも、その条件は「歩くこと」だと推測されているので技術的な難易度は低く、「頑張っていればいつかは達成できる」条件のはずなのです。

「キャラクターの出現条件」という誰もが知りたい攻略情報が埋まらないものなのでしょうか?

さらに解せない点として、半分の50万歩は達成している人がいるらしいところ。

Yahoo知恵袋にも、「竜王(人型)」に到達し「竜王(ドラゴン型)」にするための方法を聞く質問者がいます。*2

かなりやり込んでいる、と自負している通り、彼の情報は非常に有用です。

「ドラゴンクエスト 25th アニバーサリー モンスター大図鑑」により、「リターンズ」に竜王(人型)と竜王(ドラゴン型)の両方が存在することがわかっています。

人型の竜王については、総歩数50万歩で変身できました。

同様に竜王が存在する、「あるくんです2」の公式ガイドブックによると、ドラゴン型の竜王への変身については、人型の竜王から変身できるということのみがヒントとして書かれています。

人型の竜王の変身方法が、「あるくんですリターンズ」と「あるくんです2」と同じであることから、ドラゴン型の竜王についても同じ方法で変身できると推測しています。

出典まで付けてあり、竜王(ドラゴン型)の存在はデマではなく実在するようです。

このときは「カンストの999,999歩まで歩くことが条件では?」という回答が無かったため、質問者は竜王(ドラゴン型)を見ることを諦めてしまったのでしょうか。すごいもったいない。

プレミア価格がついていて攻略が進まない

「それなら自分が攻略してやるぜ」と思った方もいるかもしれません。
しかし、あるくんです2(リターンズ)は現在プレミア価格が付いていて、おいそれと攻略に参入できない状態です。

もとは定価3,000円の商品ですが、価格.comでは2018年8月時点の最安値で19,800円。
価格.com - スクウェア・エニックス ドラゴンクエスト あるくんです リターンズ (電子玩具) 価格比較

駿河屋でも中古が6,020円です。
ドラゴンクエスト あるくんですリターンズ | 中古 | 携帯ゲーム | 通販ショップの駿河屋


ただプレミア価格がついている、ということは、供給が少ないとはいえ需要が高い、ということです。

需要があるにも関わらず、ゲームとしては攻略されていない、という不思議な現象が起きています。

やっとの思いで手に入れたゲームを、誰も最後までクリアしていないということ?そんなことあるんですね。


最後までクリアしないなら、なぜここまで需要が高いのか…アクセサリーとしての需要が高いのでしょうか?

まとめ:竜王(ドラゴン型)の情報求む

あるくんです2(リターンズ)が7年経っても攻略されていない理由は、出現条件を満たすことが難しいという点とゲームのプレミア化が原因だと推測します。
出現条件はもちろんのこと、実機の画像も出回っていないためもし知っている人がいたら教えてください。


それにしても2018年の今でも攻略されていないゲームなんて、めちゃめちゃワクワクしますね!
いつかお安く買えたら、僕も攻略してみようと思います。