ゲームがやりたい

ゲームがやりたいと思えるような記事を書きます。

手叩いてバナナの数に一喜一憂するゲーム【ドンキーコングジャングルビート】

f:id:yaritai_games:20180723125516p:plain

音ゲーの専用コントーラーで別ゲーを遊んだことはあるでしょうか?大抵のゲームソフトはプレイできないのですが、意外にプレイできるタイトルがあったりして、面白いんですよね。
世の中にはダンスダンスレボリューション専用コントローラーで魔界村をクリアする人もいたりと、結構奥が深い別コントローラー縛り。

今回はそんなゲームモードを大真面目に作ってしまったタイトルをご紹介します。

使用するのはタルコンガ専用コントローラーのみ

このゲームで使用するコントローラーは、こちらのドンキーコンガで使用する「タルコンガ専用コントローラー」。

f:id:yaritai_games:20180723125129g:plain

ほぼコンガそのもの。シンプルな見た目ですね。タルコンガ専用コントローラーには操作可能な部分としてコンガ2つ、マイク、の3つしかありません。マイクは、手を叩いていることを検知するために使います。
たったのこれだけでドンキーを操りアクションゲームができるようしよう、という奇想天外な発想で生まれたのが「ドンキーコングジャングルビート」です。その分、即ミスに繋がるような極悪な配置は少なめ。ステージは全て新規に作られたステージなのでドンキーコング経験者も新鮮な気持ちで楽しめます。
ステージをクリアすると獲得バナナ数に応じたランクが表示され、次のステージに進めます。クリアを目指すだけであれば簡単ですが、最高ランクを取ろうとすると本格的なアクションゲームに様変わりします。

本格的なコンボアクションゲーム

このゲームの最大の特徴はコンボにあります。一度ジャンプをしてから、床に着地するまでの間に行ったアクションによって、取得したバナナにコンボボーナスがつきます。
一度クリアしてギミックを把握してからが本番といったゲームバランスで、「いかに着地せずにバナナを稼ぐか」を考え始めるとても奥が深いことに気づきます。敵を踏んだりギミックを使えば、着地せずに長い距離を移動できることができるのです。また、任天堂のゲームらしく触っている(手を叩いている)だけでも色々なアクションがあり、非常に面白いところも特徴的。

タルコンガ専用コントローラーならではのハプニング

一度クリアして、完璧な攻略ルートを考えていざプレイ。しかしコントローラーは普段のゲームでは触らないタルコンガ専用コントローラー。
以下のようなことは日常茶飯事です。

  • 手を叩くタイミングが遅れてアクション不発。「あぁ!」と叫んだ声に反応してアクションが発動。
  • 手を叩きすぎて、気付いたら手のひらが真っ赤になっている
  • 人がいるときにプレイしていると「パンパンうるさい」と怒られる。

まとめ

とても面白いです。ゲームそのものも面白いですし、プレイしている姿も面白い。
真剣にコンガを叩く人を見ることができるタイプのゲームは数少ないのでお勧めです。

ゲームの面白さが評価されて、Wiiで移植版が出ていますがぜひGC版でコンガとセットでプレイしてください。